皆様こんにちは。

昨日の続きになります。

正月ガチャ報告①はこちらへ(アシュレイ・パルメ・チュンメイ)

正月ガチャ報告③はこちらへ(シオン)

今回は①ヒナ②ヴィルフリート③ルウシェ④バケコの順でご紹介致します。

①ヒナ

img_0738img_0795img_0796

ヒナがニワトリライダードラゴンライダーになって登場です。

スキルを見る限りではそんなに強そうではないのですが、個人的な見解では正月ガチャ一番の当たりだと思います。

HP自動回復がないですが、ドラゴンライダーの武器には英雄クライヴモチーフとダグラス3オズマモチーフという2種類のリジェネ付与武器がありますのでどちらかがあれば安定した運用が可能になります。即死回避もバリアもないため頼れるのは己のステータスとオートスキルになります。

スキル①を使えばオートスキルも相まって被ダメージ軽減+防御力+50%のおかげでかなり打たれ強くなります。クライヴモチーフを装備すればHP50%以上の時さらに+30%してくれるので素の防御力が350の場合350×1.8=630となります。白猫プロジェクトの被ダメージ計算式では

(防御力-200)×0.1%が被ダメージ軽減率となりますので、この場合

(630-200)×0.1%=43%カットとなります。

更にスキル①の効果で被ダメージカットのバフが加わりますので、理論上では合計で93%のダメージカットとなります。しかしながら白猫ではダメージカットは9割までという上限が決まっていますので、結局90%カットというところで落ち着きます。

ヒナの場合5回スキルを使えばスキル消費が半分になり、かつ50%アップまでできますので、スキルはがんがん使っていきましょう。スキル①を使用するとチャージブレスが強化されます。このチャージブレスに3000もの雷属性値が載りますので雷が弱点の相手にはこれだけでもかなりのダメージが入ります。

クライヴモチーフ武器を持つことにより、防御力は333あれば上限の9割カットに届きますので石版は保険のための「ベルルムの石版」か、HPを上げる「プロエリウムの石版」「星たぬきの石版」「ナイトメアドラゴンの石版」が良いかと思います。

②ヴィルフリート

img_0739img_0798img_0799

お笑い魔王ことヴィルフリートです。職業は剣士。

これまた凄まじい偏りっぷりですね。バリア無し、即死回避無し、リジェネ無し、防御力アップ無し、被ダメージ軽減無しと防御をかなぐり捨てた性能です。また足の遅さはストレスの原因になりますのでそこも注意が必要です。かといって攻撃力アップやスキル倍率アップもなく、持っているのはチャージスラッシュ強化のみ。

しかしこのチャージスラッシュがめちゃめちゃ強いです。

img_0800img_0801左がヴィル、右がシオン

どちらもシオンモチーフ装備、武器スキルの後スキル①を行いチャージスラッシュをしています。

凄まじい攻撃力です。しかも3方向に飛ばす長い斬撃という見た目が非常に格好良い!

まぁこの2人はチャージスラッシュの使用用途が全く異なるのですがね

スキル2は斬属性弱点の敵に対し大ダメージを与えることができるのですが、現状の高難易度では斬属性が弱点の敵がいるクエストには同様に耐性を持つ敵もいますので、無双の活躍というのは難しいです。

しかしながらここまで自分に対するバフがないのは逆に言えばバフをもらえれば伸びしろがかなり大きいと言うことにもなります。協力でルカを出してくれている人がいれば積極的に甘えてみましょう。

③ルウシェ

img_0749img_0804img_0805

贖罪の聖女が3度目の登場です。今度はクロスセイバー。

キャラがルウシェというのもありアクションスキル、オートスキル共にバランスが良いですね。防御面で言えばダメージバリアに即死回避、防御力アップのオートスキル、攻撃面で言えば一緒に攻撃してくれるアラストルの召喚、敵に対する防御力のデバフと優秀です。ただ状態異常バリアがないためそこは武器かアクセサリで補ってあげましょう。

アラストルの攻撃によりHPがドレインできるため隙が無いように見えますが、このドレイン量は与えたダメージに比例するため斬属性が通らない敵の場合回復量が少なく、苦戦を強いられることになります。

注目したいのはスキル②です。敵か自分か壁に当たると10回反射する光の玉を5個射出します。フォースターのベルメル同様、壁に囲まれた地形なら大ダメージが見込めます。バロン道場練武室での使用感はこんな感じ。

img_0802img_0803

綺麗ですね(適当)

このスキル②に関してはまた別に考察できればと考えております。

武器は今のところクエストにより使い分けだと思いますが、モチーフ武器に状態異常バリアを付与できるスキルがつき、暗闇・燃焼・毒などケウラノスを封じることのできる属性が来ればかなり使い勝手が良くなると思います。

さて今回は正月キャラの紹介をさせて頂きました。

あぁシオンとディーンも欲しかった……。

しかし狙いを付ければ付けるほどガチャが闇が深くなりますからね……。今は撤退です。

あれ?誰か忘れているような……。

IMG_0811.PNGウィ~~~~~~!!!

おお!?バケコを忘れていました、すみません。お化けだから存在感が……。

④バケコ

img_0814img_0812img_0813

2016年夏イベントで登場したバケコがヒーロータイプの武闘家として配布されました!

スキル自体は何のバフもないのですが、スキル②アサルトお父さんを使用するとお化けだけあってステルス状態になれます。またダグラス同様、バケコ専用の石版も登場しましたので是非装備させてあげましょう。

バケコの配布は素直に嬉しいですね。強い弱い関係なく(実は結構強いです)、上記のようなスキル後にステルスになったり、専用の勝利ポーズが用意されていたりしてかなり丁寧に作られたキャラクターだと言うことがわかります。

img_0815img_0806img_0808

バケコと言えばプロレスということでパイプ椅子を持って暴れたり、レスリング場が登場したり、お父さんを操作できたりする等ファンにとっては嬉しいサービスですね。しかもなんとオートスキルで自動復活も付きます。まさにお化けの為せる業。ベルルムの石版を付ける必要がなくなりました。

実用的な場面で言うと、HP回復が自分でできないのでゴエティア武器を装備させてあげると色々なところで活躍できるようになります。

持ち上げるわけではないですが良いお年玉をプレゼントしてくれたと思います。

ただバケコは正月イベントをクリアしないとレベル100に出来ませんのでご注意下さい。

以上正月ガチャキャラ紹介でした。

モチーフ武器が来てないので今後の評価は何とも言えませんが、今回のキャラは明らかに自己完結しないキャラが多かった印象を受けます。100億$$$のファルファラやハーヴェイ、レナ、セツナといった現状トップクラスのキャラクターと比べるとどうも見劣りしてしまいますが、その分ステータスがかなり高めに設定されています(攻撃力とHPは既存キャラの約2倍あります)。

クリスマスキャラと同様白猫プロジェクトにおける今後のキャラたちのメルクマールと言えるでしょう。確かに今の協力バトルは自己完結キャラが縦横無尽に動き回り協力も何もない状況です。寧ろ協力バトルなのに協力せず、力尽きたらそのキャラとプレイヤーが悪いと言わんばかりの現状です。新規の人たちも肩身が狭い思いをするでしょうし、周回するプレイヤーにとってもストレスの要因になりかねません。

キャラクターの過剰な強さを抑える姿勢は年末年始のキャラクターたちを見れば容易に汲み取れます。あとはせっかく仲間になったキャラたちを使用できる環境の整備に注力してもらえれば、一人のプレイヤーとして言うことは何もありません。

ということで4人協力☆11のクロスファイト・バトルフィールド、☆12のオールウェイズ・デンジャラス、☆13メルヘン・アマデウス復刻して下さい(嘆願)。

さてさて三箇日は食って寝て白猫の繰り返しだったような気がします。

明日から仕事ですね(泣)

それでは今日はこの辺で。