皆様こんばんは。

今日は皆様の知恵を僕に恵んで頂けませんでしょうか。

テーマは

あなたが成長したと実感した方法

です。

とは言え十人十色、自分が成長した方法というのは人それぞれで、状況や効果も異なるでしょう。でも、いえ、だからこそ教えて頂きたいです。

勿論人間は日々成長・変化する生き物です。昨日のあなたと今日のあなたは確かに別人です。同時に日々の習慣や学習があなたをよりあなたらしくするとも言えます。アンヴィヴァレントな表現になってしまいますが、一つ言えることは成長を望む人間は常に変化・成長し、何も考えない人間は現状維持(≓衰退)に甘えるということです。

成長したという瞬間や実感というのは認識しづらいのかもしれません。日々貪欲に経験と知識を得ようとする人物は、その習慣こそが成長のファクターであることは明らかですし、そういう人は多分これからも成長し続けるでしょう。


おっとなんか面倒くさそうな話をしそうなので割愛

本題に戻ります。僕が成長したと今になって思える出来事が2つあります。

1つ目は浪人時代に「毎日一日の出来事や考えたことを400字程度にまとめる」という作業を行っていました。自分の思考や思想を言語化するという方法は簡単そうに思えますが、意外と物事に対して真剣に考え、理解する努力をしないと難しいです。同時の言葉の用法や意味もきちんと理解できているか試されます。予備校の寮での自習時間に必ず書くように指示があったからやっていたのですが、今思い返せば勉強の方法を根本から変えたことよりもこちらの方が役に立っているかもしれません。

2つ目は「バカになる」ということです。僕は予備校の寮を卒寮した後、大学でも学生寮に入ったのですが、大学1年生の頃は学園祭のステージでパンパースだけ着用してダンスを踊るという苦行をさせられていました。この他寮にOBが襲来した際には様々なお酒をちゃんぽんさせられた挙げ句、ポテトチップスをすり潰したものや人間の液体排泄物を混濁させられて朦朧とする意識の中、飲まされたことを覚えています。この他お花見時期に京都の桜の名所である八坂神社でその辺の女性をナンパして一緒にお花見を楽しんだり、別の年の学園祭で女装して女の子をナンパしたり、ドナルドの化粧をして深夜のマクドナルドにハンバーガー買いに行ったり色々しました(させられました)。その全然ありがたくない経験のおかげで、ある程度のことには対応できるメンタルとその場だけでも盛り上げるトーク力を得たと思っています。

↓大学2回生の時の女装写真(真ん中)。

josou

地毛です。

や、この時はまだ髪があったんですわ。

ただこの2つのエピソードで面白いのは「人から強制的にさせられたことが案外成長につながっている」ということです。

 


実は今回この記事を書いたのには理由があります。

僕の知人の1人で、周りの人が手を尽くしても成長できない方がいらっしゃいます。

・物事に優先順位を付けることが出来ない。

・昨日教えて貰ったことを今日忘れる、というか教えて貰ったことを2分後に忘れる。

・叱られている時にわかったように反省しているふりだけして、理解できているか聞いてみると何も説明できない。

・簡単な計算が出来ない。敬語が使えない。言葉の意味を知らないで多用する。1リットルが何ミリリットルかわからない。100円の30%がいくらかわからないレベル。

・何らかのアドバイスを自分から聞くだけ聞いて実践しない

・何事も続かない。

・喫煙と賭博にお金を使って、生活に困窮する。

・本人としては成長したいという意志はある。

・40歳手前。

抽象的で申し訳ありません。

正直僕も人様のことを言える立場ではありませんが、あえて悪意ある言葉として説明するならこのような特徴を持つ人物です。正直僕も今までの人生の中で会ったこと無いような方ですので、どのようにすれば彼の人間的な成長につながるのか手探りの状態です。

僕は「人は信じてこそ、応えてくれる。尽くしてくれる。」と考えていますので、見切りを付けたくは無いです。上から目線かもしれませんが、彼を助けてあげたいです。同時に僕自身の成長に繋げたいです。

最初に戻ります。

あなたが成長したと実感した方法を教えて下さい。

身勝手な話ですが、どうかご助力頂けますと大変嬉しいです。

何卒宜しくお願いいたします。