「辛」さもまっすぐに貫くと「幸」せが訪れる

確か朝一のスケジュールだったように思います。2日目の朝一発目にボウズの話なんか絶対つまらんだろと思っていたのですが、存外面白くて皆大爆笑。最後に↑の言葉で締めくくり。

へぇ、ボウズやるやんけ!!と感じた中二の修学旅行でした。

ま、いつしか僕自身がボウズ(物理)になっちゃったんだけどね(白目)


余談はさておき…

あなたは今幸せですか?

仕事でうまくいかない…

学校でいじめられる…

成績が上がらない…

好きな人が振り向いてくれない…

借金地獄で苦しい…

とかとかそれぞれお悩みはあるかもしれません。

もう一度伺います。

あなたは今幸せですか?

なんだよ、ネガティブなことばっか言いやがって

このハゲーッ!!

このハゲ-!

 

この間ふと思ったことがあります。

深夜、お腹が空いたので家の近くの松屋に行きました。

牛めし大盛り+卵でなんと500円以下だったんですよ。

僕は丼モノをお店でオーダーするときは決まって「ツユだくだく」を頼みます。

白米というキャンバスに、旨みが詰まったツユが味を染めていきます。

といた卵が更に味を加速させ、牛肉は負けじと自己の存在を誇張します。

紅ショウガや七味を加が加わると僕たちはいつしか別の世界へ誘われます。

うまい。

こんな体験がワンコインで可能なんです。

僕はその時、「幸せってこんなに身近にあるんだ。そしてこんなに気づかないものなんだ。」と感じました。

この他にも…

お菓子を食べるといつでも大好きなあの味を感じることが出来る。

漫画を開くといつでも、あの時心ときめいたヒロインに会える。血湧き肉躍るような英雄と一緒になって闘うことが出来る。

本を開けば、美しい物語を楽しむことが出来る。先人達の思想を学び、彼らの想いを追憶することが出来る。

自分の感情を文字に起こすことが出来る。自分の想いを旋律に乗せて表現出来る。そしてそれを世界の誰かに届けることが出来る。

気の合う人たちと感情を共有し合える。というかそもそも誰かと仲良くすることが出来る。

何かあれば支え合える親友といつでも連絡を取ることが出来る。

自分とは違う考え方を持つ人を面白い人だと感じる。

そして…

暖かい布団でぐっすり眠ることができる。

のび太氏の証言

最後にもう一度伺います。

あなたは今幸せですか?


余談ですが、

ただ僕がこの世界で不幸と思うことの1つは

「お金が幸せの尺度になっている場合が往々にしてある」

ことだと思います。

人々を豊かにするはずだった「お金」が、人々から精神的な豊かさを奪ってしまったというのはなんとも皮肉で、滑稽で、そして寂しい話だと思います。

ただこれはあくまで僕個人の見地からであって、お金が全てだという考え方を否定するわけではありません。

そりゃ僕だってお金は欲しいです。この世界で何かやろうと思ったとき(我欲の現実化)に真っ先に必要なのはお金だと思いますし、このブログも、もともとは自分が働かなくともお金を生み出せるシステムを作りたいという所から始まっていますしね。

でもお金が全てではない、お金「だけ」を持っている人がこの世界で裕福な人かと問われると、そうではないというのが僕の考えです。


なんか余談が長くなってしまいました(もはやおまけが本編状態)。

僕が今回言いたかったのは、月並みなんですが

「ふりかえってみると、あなたは幸せなのかもしれませんよ。そう、生きてるだけで丸儲けなんです。」

ってことです。

さて3月は丸々一月ブログ更新が途絶えてしまってました……。

4月に新元号「令和」の発表もありましたね。

4月中には平成を僕の視点から振り返ってみたり、新元号についてまとめたりしたものを書いて行ければと思います。

それでは今日はこの辺で。

広告